コワーキングスペースとは

da-420072

▼ コワーキングスペースとは Coworkingspaceの「Co」は「一緒に」という意味。 コワーキングスペースは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す。一般的なオフィス環境とは異なり、コワーキングを行う人々は同一の団体には雇われていないことが多い。通常、在宅勤務を行う専門職従事者や起業家、フリーランス、出張が多い職に就く者など、比較的孤立した環境で働くことになる人が興味を持つことが多い。 コワーキングは独立して働きつつも価値観を共有する参加者同士のグループ内で社交や懇親が図れる働き方であり、コスト削減や利便性といったメリットだけではなく、才能ある他の分野の人たちと刺激し合い、仕事上での相乗効果が期待できるという面も持つ。 コワーキングが行われる環境(「コワーキングスペース」と呼ばれることもある)はシェアオフィスやレンタルオフィスとは異なり、実務を行う場所が個室ではなく図書館のようなオープンスペースとなっている。また、すべてのスペースを共有したり、イベントを行ったりといった試みを通して参加者同士のコミュニティ育成を重要視する傾向が強いことも大きな違いのひとつである。( 引用:wikipediaより )   ▼ シェアオフィス 複数の利用者が同じスペースを共有するオフィス。 2000年代に入って登場し、東京、大阪を中心に全国の都市部で増加している。デスクや会議室、OA機器、インターネット回線などのオフィス機能が整備され、希望者は固定電話の設置や住所登記も可能である。一般的な貸しオフィスより低料金であるため、事業を起こしたばかりの起業家や個人事業主の利用が主だが、地方在住の自営業者が都市部での仕事の拠点として使用するケースも増えている。( 引用: