コワーキングスペースで働くメリット

働く場の概念

日本橋コワーキングスペース準備室の横山です。
様々な働く場の形態がある昨今、起業される方はどうしたら良いか色々と迷われると思います。

今日は、様々な選択肢をお伝えすると共に、働く場を選ぶにあたり重要な3つのポイントをお伝えしたいと思います。

1.固定費である家賃をできるだけ抑える
2.営業のきっかけをできるだけ多く持つ
3.専門知識、情報を得る機会を増やす

自宅をオフィスにするSOHOは、上記1の固定費を抑えるという点においては有益といえるでしょう。しかし、2の営業のきっかけを多く持つという点においては、なかなか広がりを持つことは難しいといえます。

まして、オフィスをいきなり借りるというのは、家賃だけでも相当なものになってしまいます。

企業内にデスクを間借りするという選択肢も、上記1と3を満たすことが出来ますが、営業の機会は少ないといえます。

そこでコワーキングという新たな選択肢が近年生まれたといえます。コワーキングスペースは上記1と2の条件を満たしています。
これが、近年コワーキングスペースが急速に世界中で広がった理由と言えます。

ただ起業当初に鍵となる、上記3の条件を全てのコワーキングスペースが満たしているわけではありません。

起業にいる時は、組織の中の一部の仕事しかしていない場合がほとんどです。だからといって、起業にあたり、事業活動に必要な専門知識を全て身に着けるのは困難ですし、外部に発注するにはコストがかかります。

そこで、インキュベーション(起業家を育てる)ためのソフト面のサポートを兼ね備えたコワーキングスペースが最適と言えます。

そのソフト面は、マーケティング、法務、経営戦略、経理などです。

日本橋コワーキングスペースもインキュベーション型を目指したいと思っています!