日本橋の人力車ツアー

img_0

日本橋コワーキングスペース準備室の横山です。
今日は、一味違う日本橋の散策の仕方を紹介したいと思います。

俥夫(しゃふ)とのおしゃべりが楽しみのうちのこの人力車での日本橋ツアーは、最近は外国人からの観光客でも大人気とのこと。

人力車といえば、浅草観光なイメージですが、起源は明治に「人力車」の発明者である和泉要助、高山幸助、鈴木徳次郎等によって日本橋に設立された「くるま屋」が元祖とのこと。3名は東京で見た馬車から着想を得て1868年に人力車を完成させたと言われています。

当時の日本で発明された人力車は、それまで使われていた駕籠より速かったのと、馬よりも人間の労働コストのほうがはるかに安かったため、すぐに人気の交通手段になりました。当時は1名乗りが主流だったそうです。

そしてなんとアジア各国へ輸出され、特にインドでは、明治40年代、年間1万台が日本から輸出され、リキシャなどの名前で地元に根付いたそうです。日本製自動車以前の大産業だったのですね!

先日紹介した近年、人気上昇中の日本橋七福神めぐりツアーも人力車でできるとのこと。
まだ寒い日が続きますが、人力車で2016年のご利益を願うのも良いかもしれません。

http://kurumaya-nihonbashi.com/